「三者面談」藤崎・室見の個別指導学習塾s-Live高取校

8月の一か月で高取中学・百道中学の3年生に対する三者面談をさせていただきました。
三者面談の時間は一人の生徒に対して40分~60分位になります。
三者面談では、まず志望高(私立・公立)を確認させていただき、次に今まで受けていただいている模試(中学校実施分・フクト等)を元に話をさせていただきます。
スイッチが入っていない生徒が多いので、厳しい話をしていきます。
まず高校入試は試練であるが、実は試練とは言えないと伝えています。
もちろん毎日平日は4~5時間勉強して、休日には8時間くらい勉強しますし、
精神的にも苦痛に感じるでしょう。
ただ、これから起こる試練と入試の最大の違いは日程が分かっていることです。
(令和3年度の公立高校入試は3月10日になります)
日程の分かっている入試は、突然襲ってくる試練と比較すれば・・・

そうしてもう一つお話をしているのが、高校入学以降の勉強の大変さ・難しさです。
大学入試は高校入試と比較して難しさが違います。高校3年生になってがんばろう!ではまず手遅れになってしまいます。
高校入試を比べて範囲が広すぎます。

あまり関係ないように思える今から大学入試を意識させています。






当塾では中3生には自分で一週間の学習時間割りを作成させています。
それを元にして計画通り学習をしているかを確認しています。

SNSでもご購読できます。

電話する